ポケモン剣盾考察 シングル構築記事 S13 最終576位最終レート1927 100戦以内最終3桁 【受けサイクル】 と今季の雑感

 シーズン13.png

 シーズン13お疲れ様でした。シーズン12では最終3桁ライン読みに失敗してしまい、まずはライン読みをしなくても良い程度の構築に仕上げなければいけないと感じ、ひたすら構築の改良を重ねていました。対戦メモを積み重ねて統計を取り、それを見ながらパーティのブラッシュアップをいつも通り重ねてようやくこの環境で自分に合っている構築が見えてきました。最終レートはさして高くないものの、最終日付近6日間ほど対戦しなかったにも関わらず最終3桁を達成できたので、ある程度満足しています。


構築経緯
 7世代で2年間使用した「鋼鉄の魔城SASUKE構築」をまずは再現して使っていたのが昨シーズンでした。

ポケモンUSUM考察 第5回真皇杯オンライン予選AFinal 準優勝 本戦予選敗退 構築記事 「鋼鉄の魔城SASUKE構築」
https://piyopiyopunch.at.webry.info/201910/article_3.html

 数値の高さゆえの各ポケモンのダイマックス適正の高さや、手に馴染むポケモン達との共闘で楽しかったのですが、あまり勝つことはできませんでした。当時はこの構築を頂点に連れていきたいと思い、日本中駆けずり回って真皇杯予選に挑戦したほどの家族のような構築を使ってなぜ勝てないのか悩みましたが、出した結論は「この一年で私自身がより守備的な思考に変わった」ということでした。私の7世代での得意戦術は耐性受けをメインとした、高種族値の美しいサイクル戦でした。しかし、8世代の私は数値による受けも使用するようになっていました。昨シーズン相手のポケモンを受けきれないことに悩み、この一年で私自身がより守備的な思考になっていたことに気づきました。そのことを念頭に置きながら構築を守備的に改良していったところ、プレイングも自分らしいものになり、構築も8世代で使っていたものに近いものになりました。そう考えると、自分のプレイングの癖の変化に気づけたおもしろいシーズンでした。




単体考察


バンギラス 慎重 HD極振り 砂起こし カゴのみ
ロックブラスト/地震/ステルスロック/眠る

 当時アーゴヨンを見る枠だったヒードランを抜いたため、守るを切って地震を入れました。エスパータイプのアタッカーがいた際にサイコショックやアシストパワーをラッキーでは受けきれないため、第2の特殊受けとしての採用です。もっと技をたくさん覚えさせたいポケモンでした。7世代からずっと続投しているポケモンですが、8世代の守備型で使用しています。


ランドロス
腕白 HBベース 威嚇 ウイのみ
地震/岩石封じ/ステルスロック/とんぼ返り

 ほぼパッチラゴン受けのためだけに入っているポケモンです。選出率もダントツ最下位です。技は地震、ステロ以外は一考の余地ありです。種族値が高いため、雑に選出してもある程度の仕事はしてくれるので良いポケモンです。
7世代GTS産。


ラッキー 図太い BD極振り 自然回復 進化の輝石
地球投げ/ステルスロック/身代わり/卵産み
 7世代のメガフシギバナの枠で採用しました。もっと早く使えば良かったという感想でした。特殊受けはこの1匹で基本的にこと足りると感じました。身代わりは電磁波とどちらがいいか悩む部分ですが、レヒレとの兼ね合いやTODのしやすさから身代わりを選択しました。ラッキーの身代わりは特殊耐久指数がH全振りゴリランダーよりも高く、とても強かったです。TOD勝負の際もラッキーがいるだけでHP割合で大きく優勢になります。弟に「ラッキーとバンギラスの2枚の特殊受けがすげぇ強いぞ!!」と今季の発見を喜んで教えたところ、「それ、5世代からありますが・・・。」と絶句されてしまいました。先人の知恵を活かす能力があれば私ももっと効率よく強くなれるのだろうと感じた一幕でした。


テッカグヤ 
呑気 HBベース ビーストブースト 食べ残し
守る/宿り木の種/ヘビーボンバー/火炎放射

 「テッカグヤとまた戦いたい。」から組んだ構築なので、構築の軸でした。型も7世代と全く同じなため、戻ってきた初日から手に馴染む使用感でした。サンダー、エースーバーンがトップメタのため環境は逆風もありますが、補完でなんとかしています。真皇杯本戦にてたたきつぶされたティラミスぽけさんのカグヤラッキーを自分がメインで使う日が来るとは思っていませんでした。アーマーガアの方が良い説はあるので、実は一考の余地ありの枠です。
7世代GTS産。


ドヒドイデ
図太い HB極振り 再生力 黒いヘドロ
トーチカ/熱湯/黒い霧/自己再生

 エースバーンを受ける枠でレヒレを使っていましたが、ダストシュートが流行ったり流行らなかったりするので、エースバーン受けとして採用しています。元々、「黒いヘドロ余ってるなぁ。もったいないなぁ。」と感じて採用してみただけなところはありましたが、このポケモンは非常に使いやすかったです。TODの勝ち筋を残す動きもとりやすく、8世代の自分に合ったポケモンです。


カプ・レヒレ
図太い HBベース ミストメイカー オボンのみ
ムーンフォース/波乗り/自然の怒り/挑発
 ウーラオスを受ける枠でした。私の構築は鉢巻ウーラオスを非常に選出されやすいです。ウーラオス自体が非常に後出ししづらいポケモンなので初手に出されやすく、初手に合わせて自然の怒りを打ち続けました。レヒレは8世代でもめちゃくちゃ強いポケモンだと思っており、このポケモンをうまく使える人は全員強者だと思っています。再生回復がないゆえに使い捨ての使用にならざるを得ないため、レヒレを選出した場合はHP管理に苦心し続けました。前シーズンの構築記事にも書いていますが、頑張ってくれても結局エースバーンに突破される感じが、メガバシャーモ受けなのにメガバシャーモに突破され続けた7世代を思い出し続けています。
7世代GTS産。


今季の雑感
S13 94戦 63勝31敗 勝率67% 最終レート1927 最終576位

・今季は昨シーズン判断ミスで逃してしまった最終3桁順位に目標を絞っていましたので、達成できて嬉しいです。レートはかなり大したことがないですが、自分の目標は達成できているので欲張らないでおこうと思います。最終3桁ぐらいが自分には丁度よく継続できる目標ラインだなぁと思っています。無理のない目標設定で、これからもこつこつ楽しんでいきたいです。健康、仕事、家庭を崩すことなく私が戦えるのはこの辺の試合数と目標だと思っています。


・今季は月末に予定があったため早目の撤退になりましたが、早く切り上げなければいけないシーズンでも最終3桁に残れたのは良かったです。


・シーズン中に記事を挙げない久しぶりのシーズンでした。仕事も忙しくなってきましたし、まずは自分の納得のいく構築を作ることに集中していました。正月休み中に時間があればまた記事を書いてみようかとも思います。


・構築相談をされたり、フレ戦の申し込みをしていただいたり、オンライン飲み会に誘っていただいたりと、私に関わって下さろうとする方が何人かいらっしゃるありがたいシーズンでした。ずっと1人でポケモンをしてきましたが、もはやそのやり方は時代に合っておらず、今は多くの方と関わりながらみんなで強くなっていく時代であるということをひしひしと感じています。私自身1人で1から10までするやり方しかしてこなかったため今更スタイルを変えることはなかなか難しいのですが、できる限り他の方々から吸収して強くなれるといいなと思っています。そういう器用さを身につけてこなかったのは、私の反省点です。


・1月2日にらみさんからBO3のフレ戦を持ちかけていただいたため、構築記事の公開が今日になりました。らみさんとは7世代の第5回真皇杯東海予選決勝トーナメント1回戦で対戦させていただき、完膚なきまでにたたきのめされました。どこか公式な場でリベンジしたいとずっと思っていましたが、らみさんの方から対戦を誘っていただいて嬉しかったです。
 あの日から1年以上たち、らみさんは最高レートが2000を大幅に超えた上に白昼夢オフで優勝されるなど、押しも押されぬ超強者になられていました。私自身も8世代でしてきたことの全てをぶつけたつもりでしたが、結果は完敗でした。また鍛え直したいと思います。
 8世代は対戦オフがほとんど開かれない世代ですが、7世代の対戦オフを共に戦ってきた方々にリベンジしたい方が多くいらっしゃるので、その再戦の機会までポケモンを弱くなるわけにはいかないなと思っています。また、対戦オフを通して知り合えた方々と今でも関わりがあるのはありがたいことです。7世代レートを共に最後まで戦った6万4208人と最後の真皇杯に参加した全オフ勢の戦友たちに、メガシンカとZ技を駆使して戦ってきた私達のプレイングはまだまだ通用すると示すためにも、私はまだポケモンをやっていたいと思っています。私もこのゲームをいつまでできるか分かりませんが、ポケモンを置き、違う分野で走り始めた旧友たちにも名前が届くように、私は今年もポケモンで走り続けたいです。


 今月中に現在建設中の新築に引っ越す予定なのでS14を最後まで戦うことは難しいと思いますが、できるだけ頑張ります。S13で対戦して下さった方々、関わって下さった方々、全ての方に感謝します。ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント